カッパドキア

スポンサーリンク


(Photo By girolame)
絶景、世界遺産の特集などを組んだテレビ番組等でもおなじみの観光スポットといえばカッパドキア。カッパドキアはトルコの田舎町、アナトリア高原の火山によってできたもので、地理的にはアジアとヨーロッパの間辺りに位置します。

まるでキノコのような形をした岩石遺跡が台地に無数に並びますが、これが自然に出来たもの、という事が驚きです。世界遺産に登録されるのも納得の遺跡ですね。

まさに絶景の岩石遺跡郡!

メルハバ!たび丼ですたい!カッパドキア、凄かばいね~!この絶景を前にしてカメラを構えずにはいられないばい!(写真クリックで拡大たい!)この世のものとは思えない、ファンタジーな感覚をおぼえるっちゃね~。でも・・このカッパドキア遺跡は過去になにかあったとたいね?たびっこに聞いてみるたい!その前に写真たい~!
(Photo By mekiaries)

ちょ、ちょっと!たび丼!あたしにもカメラ貸しなさいよ!くっ・・!まぁいいわ・・どてカボチャは置いておいてカッパドキアの歴史を説明するね!カッパドキアは過去にヒッタイト人の本拠地にされたり、ダレイオス1世によって絶対的な支配を受けたり、ローマの属州になったりと、様々なところから支配を受けていたのね。カッパドキアにいつくもある地下都市遺跡は、初期キリスト教徒の隠れ家にもなっていたんだ。15世紀までにオスマン朝がカッパドキアを領有、現在はトルコ領、という形。というのが大まかなカッパドキアの歴史。支配され続けている印象よね・・
(Photo By astique)

絶対オススメ!気球ツアー!

カッパドキアの観光で定番且つ外せないのが気球のツアー!なんと、カッパドキアを気球で空から見れるだけでなく、多くの気球が飛ぶ事もあるので、その全体像がまた壮観!(写真クリックで拡大します)会社にもよりますが、金額は大体300ユーロほど。時間は1時間か、それ以上あたりが殆どのようです。気球に乗れる機会すらあまり日本では無いのでこれはぜひツアーに参加しておきたいところですね!
(Photo By girolame)

地上から、空から楽しめる、それがカッパドキア

気球だけでなく、地上でじっくりとカッパドキアを楽しむことも勿論可能たい!先ほどのような地下都市や、岩石郡と共存した街並みなど、非現実的な感覚を楽しめるたいよ!時間があるなら「妖精の煙突」や、ギョレメ谷、岩窟教会、ゼルヴェ谷、などもじっくり観光していく事を推奨するたい!遺跡の跡はトルコ料理。たび丼ならそんなスケジュールを組むたいね!(笑)
(Photo By mekiaries)

トルコの治安はどうなの?

2016年に起きたISILによるテロ多発、オランダとの政治摩擦でトルコは「危険な国」という印象が強くなりました。ですが2019年の今、テロは全く聞きません。ヨーロッパ各所でも聞かなくなりましたね。オランダとも関係改善策が講じられています。

勿論地域的にシリア難民問題もあるので国境付近は今まで通り危険です。ですが、観光としてはかなり回復傾向にあり、観光客数も戻ってきているようです。

現在外務省からもシリア国境付近以外は危険レベルは0(参照:外務省:海外安全ホームページ.トルコ)となっています。それは、トルコ政府が情勢改善のために空港を始め、各所で厳重な警戒態勢を取り、取り締まり、摘発も日々行っている為です。

行きたいけど危なくない?とお考えの方は再度検討されては如何でしょうか。

エリア

トルコ アナトリア高原

交通例

成田⇒トルコ⇒カッパドキア

言語

トルコ語

通貨

新トルコリラ

旅行代理店

合わせて持ちたい

カッパドキア ワイン4本
指さし会話帳 トルコ

この海外情報の周辺地図


大きな地図で見る

タイトルとURLをコピーしました