エカテリーナ宮殿(夏宮殿)

スポットカテゴリ | ヨーロッパ, ロシア |


(Photo By Punxsutawneyphil)
北欧はフィンランドに最も近いロシアの街、サンクトペテルブルクからから、南東へ25キロメートルほど進んだところに、ロシア皇帝時代の宮殿、エカテリーナ宮殿(夏宮殿)はあります。「琥珀の間」と聞いてピンと来る方もいらっしゃるかもしれませんね。

夏宮殿の相性で呼ばれていますが、正式名称はエカテリーナ1世の名から取ったエカテリーナ宮殿です。

ロココ調の美しい外観

ズドラーストヴィチェ!たび丼ですたい!夏宮殿はロマノフ朝時代にピョートル大帝の后のエカテリーナ1世が建築した宮殿で、夏の避暑地に使われていたため、この相性で呼ばれているばい。元々の形を不便に感じた後の第6代ロシア皇帝エリザヴェータは根本から作り直し、現在のロココ調のエカテリーナ宮殿に仕上げた、というわけたい。金、淡い青と白のコントラストの高級感漂う美しい外観はホント見てて飽きないっちゃんね~。これはシャッターチャンスばい!(写真はクリックで拡大できるばい!)
(Photo by Wikimedia)

見所は何といっても「琥珀の間」

夏宮殿でも特に有名なのが「琥珀の間」たい!みて!この輝き!琥珀の間は世界でも唯一の「部屋全体が琥珀で出来た部屋」ばってん、第二次世界大戦時にはドイツ軍に持っていかれていたばい・・1979年から復旧作業が開始、2003年にようやく復旧が完了して、現在は再び琥珀の輝きを見せてくれるたいよ!
(写真:上が略奪前の写真をカラー化したもの、下が復旧された、現在のもの。クリックで拡大可能ばい!)特に、エカチェリーナ2世はこの「琥珀の間」を愛し、部外者の立ち入りを禁じたほどたい。その気持ちも分かるっちゃんね~。こんなに綺麗な、世界で唯一の部屋たいね!因みに、エカチェリーナ2世は日本人の漂流民、大黒屋光太夫が謁見した人物ばい。大黒屋はそのおかげで帰国できたっちゃんね。
(Photo by Wikipedia)

夏宮殿フォトギャラリー

夏宮殿のフォトギャラリーだよ!琥珀の間以外も金で鮮やかに装飾されたゴージャスな宮殿なんだね~。うっとりしちゃうなぁ・・


(Photo By jimg944, jimg944, jimg944,jimg944,jimg944, jimg944,jimg944, jimg944,jimg944,Espino Family)

エリア

ロシア サンクトペテルブルク

交通例

成田⇒モスクワ【経由】⇒サンクトペテルブルク

言語

ロシア語

通貨

ルーブル

旅行代理店

H.I.S.でモスクワ行きを見てみる!
JTBでロシア行きを見てみる!

合わせて持ちたい

指さし会話帳 ロシア

この海外情報の周辺地図

大きな地図で見る