バンベルク市街

ドイツ
Photo by Julian Mendez
スポンサーリンク

(Photo by Julian Mendez
ヨーロッパを代表する国の1つ、ドイツの中央あたり、ニュルンベルクのやや北にあるバンベルク市街は世界遺産に登録された観光都市です

奇跡的に第2次世界大戦の被害を免れ、中世ヨーロッパの景観が残された貴重な旧市街で、ドイツでは稀な地域という点が評価されました

中世ヨーロッパのシンボル的存在である大聖堂や石畳の路地、木組みで作られた住宅などが今も1000年前と変わらず息づいています

バイエルンの真珠」とも称される古都バンベルグ、いったいどんな街なのでしょうか

中世ヨーロッパの詰め合わせ

Photo by Ermell

(Photo by Ermell
グーテン・ターク!たびどんですたい。
バンベルグは第2次世界大戦のドイツで被害が無かった、とても貴重な世界遺産ですたい。ベルク (丘陵) とインゼル (島) 、ゲルトナー (庭師) という、3つの歴史地区からなるこの街は、1000年も前から変わらない光景は中世ヨーロッパの面影を体感できる数少ないエリア。

聖堂や石畳など物語やアニメ、映画でしか見たことのない光景を街全体に見る事が出来るばい!他にも宮殿やお城もある上に、小ヴェネツィアと呼ばれる運河もある、中世ヨーロッパの良いところを丸々詰め込んだような街とあって世界中から観光客が押し寄せてるっちゃんね!

まさに憧れのヨーロッパを詰め合わせた、古都バンベルクはそんな街たい!

敗戦国であるドイツで被害が全くなかった市街は非常に貴重で、しかもその街が1000年変わらず生き続ける歴史的市街だった事もあり、ドイツ内は勿論、世界でも貴重な世界遺産と位置付けられています

バンベルク市街の主な見どころ

街全体が世界遺産のバンベルク市街では見どころも沢山あります。

規模的にはそこまで大きな街ではありませんが、時間が取れる状況でも回りきるには結構な時間がかかりますので、ある程度目星をつけてスケジュールを組むと良いかもしれません

バンベルク大聖堂


バンベルク大聖堂は1004年に造営された後期ロマネスク様式(この形になったのは13世紀)の聖堂です。高さは94mあり、バンベルク市街のシンボルにもなっており、ドイツで最も重要な文化遺産のひとつと言われています

こちらには数々に美術品が収蔵されており、中でもバンベルクの騎馬像やバンベルク大聖堂を建設したローマ皇帝ハインリヒ2世と、妃のクニグンデが眠る墓所は必見の美しさ

宮殿

Photo by Asio otus


(Photo by Asio otus)
旧宮殿と新宮殿があります。

旧宮殿は、1591年にバンベルク伯の旧邸宅の敷地に建てられたもので、新宮殿は、当初は司教領主や元ギリシャ王オソン1世によって領有されていたもので、壮麗な薔薇園はまるでおとぎ話の出てくるワンシーンのような美しさです

アルテンブルク城

Photo by Geschichtsfanatiker


(Photo by Geschichtsfanatiker)
アルテンブルク城はバンベルクの最も高い丘に位置するバンベルク司教の宮殿でした。

1553年に破壊された後は監獄としてのみ使用、次第に荒廃していきましたが、1801年に修復されています

旧市庁舎


旧市庁舎は下町につながる橋であるオーベレ・ブリュッケの中ほどの人工島の上に、1744年から1756年に再建された建造物です

あり得ない所にあり得ない形で建てられている、と珍しがられるためかシンボル的な存在にもなっています

小ヴェネツィア

Photo by Berthold Werner


(Photo by Berthold Werner
小ヴェネツィアはレグニッツ川沿いにある19世紀以降の漁師たちの住宅エリアで、イタリアのヴェネチアを彷彿とさせるような運河と住宅の美しいコラボレーションを楽しむ事が出来ます

数々の教会

Photo by Asio otus


(Photo by Asio otus
バンベルク市街にはバンベルク大聖堂を中心に、様々な教会があります。

11世紀のロマネスク様式であるヤコブ教会、ゴシック様式に修復されたオーベレ・プファル教会、博物館、市営のギャラリーを兼用しているロマネスク様式のミヒャエル修道院教会(上写真)など多くの教会があり、どれも必見です

マクシミリアンの噴水


1880年に作られたマクシミリアンの噴水はマクシミリアン1世、皇帝ハインリヒ2世夫妻、皇帝コンラート3世、バンベルク司教の聖オットーなどの彫刻を見る事が出来るバンベルク市街の代表的な文化遺産です

バンベルク市街への行き方は?

多くの場合はベルリンから、という形になると思いますが、バンベルク市街へ行くにはニュルンベルクを中継するのが一般的です

ベルリンからニュルンベルクまでは列車で5時間~5時間半ほど、ニュルンベルクから1時間ほどかかりますので自力で行くならそれなりのハードルがありそうです。難しいなと感じるようでしたら、バンベルク市街も周遊する日本のパッケージツアーを探すのが楽そうです

日帰り現地ツアーも基本的にはフランクフルトから出ている程度で、ベルリン発の日帰りツアーを探すのは難しいと思います。ベルリンから行く場合は泊まる事を想定してスケジュールを組むと良いと思いますが、バンベルク市街へ行くのが目的で渡航するならベルリンではなくフランクフルト行きの航空券を買うと効率よく回れると思います

バンベルク市街の詳細

エリア

ドイツ・バンベルク

交通例

成田⇒ベルリン⇒ニュルンベルク⇒バンベルク市街

言語

ドイツ

通貨

ユーロ

旅行代理店

合わせて持ちたい

地球の歩き方で予習
指さし会話帳 ドイツ

この海外情報の周辺地図

タイトルとURLをコピーしました