サーファーズ・パラダイス

スポットカテゴリ | ゴールドコースト |




オーストラリアゴールドコーストといえば、サーファーズ・パラダイス
この最も賑やかな海辺の繁華街へは、クィーンズランド州の州都ブリスベンから車で約1時間半。
一年を通して気候は温暖。世界有数のリゾート地であり、ゴールドコースト観光の拠点となる町です。
5つ星ホテルからバックパッカーズ、キッチン等を備えた長期滞在型のコンドミニアムなど、宿泊施設も充実。

白砂が美しいビーチでのマリンスポーツはもちろん、ショッピングやグルメ、夜遊びまで楽しめてしまう、まさに「パラダイス」なエリア。日本語が通用する店などもよくあり、私たち日本人にとっても、過ごしやすく人気のある観光地です。
(Photo By l.bailey_beverley, the_beekeeper001, wikimedia)

海を満喫!



晴れ渡る青空、延々と続く黄金の海岸を前にして、やはり海辺のアクティビティは外せませんよね。
サーファーズ・パラダイスでは、その名のごとくサーフィンはもちろん、パラセイリングジェットボードジェットスキーなど、様々なマリンスポーツを楽しめます。

また、ゆったりとした雰囲気が魅力のオーストラリアらしく、ビーチ沿いの遊歩道を散歩したり、浜辺で好きな本など片手に寝そべったりと、くつろいだ時を過ごすのも楽しみ方のひとつですね。

夕焼けに染まる白砂や、水平線に昇る朝日などの眺めにも癒されます。

(Photo By sarahjansen, Phillie Casablanca)

■水陸両用バスが楽しい!


Hello! たび丼ですたい!
マリンスポーツのほかにも、色々な楽しみ方があるサーファーズ・パラダイス。
海も陸もいっぺんに両方楽しめてしまう観光なんてのもあるったい!
水陸両用バスのアクアダックは、サーファーズパラダイスの街並みを走った後、海へ入ってクルーズ船に変身!
約1時間ほどで水陸両方から街並みを眺められるので、初めてのサーファーズ観光にもオススメするばい♪
(Photo By AQUADUCK)

ショッピングを楽しもう


ゴールドコーストきっての繁華街であるサーファーズ・パラダイスには、ばらまき用のお土産をまとめ買いできるお手頃なショップから、高級ブランド店、免税店、オパールなどのジュエリーショップなど、色々と揃っています。
大きすぎない街で散策にもちょうどよく、また日本人スタッフがいるお店も多くあるので、安心して買い物が楽しめます。
現地のオージー達もよく利用するスーパーや、若者が愛用する洋服屋などでお買い物をして、オージー気分を味わってみるのもいいですね。
(Photo By kevgibbo, l.bailey_beverley)

■夜まで楽しい!


ナイトスポットも充実しているサーファーズ・パラダイス。夜もあちこちの店が賑わっているっちゃんね。
オーストラリアは比較的治安のよい国とされてるばってん、基本的な注意は忘れずにですばい。
毎週金曜日には、ビーチ沿いでナイトマーケットも開かれるったい。
アートやハンドメイドの作品が並んで、見て歩くのがとっても楽しいマーケット。オススメばい!
(Photo Bywikimedia)

■両替所について

こにちは!たびっこだよ♪
観光地サーファーズ・パラダイスには両替所も沢山あるけど、なかでも手数料無し、レートも良いと評判なのが、キングスって両替所だよ。
土日もやってて、日本人スタッフがいることもあって安心♪日本語の無料情報誌もおいてあるから、ここでもらっておくと観光にも便利!
(Photo By InfoMofo)
◆Kings Currency(キングスカーレンシー)◆
Shop 1 Monte Carlo 38 Orchid Ave Surfers Paradise(ルイ・ヴィトン斜め向かい)
《Tel》 (07)5526-9599
《Open》 平日8:30am-9:00pm 土曜10:00am-9:00pm 日曜10:00am-8:00pm
《URL》http://www.crowncurrency.com.au/(英語)

グルメもなかなか!

サーファーズ・パラダイスは、定番のオージービーフシーフードを食べられる店から、飲茶や日本料理などまで、レストランの種類もグレードも多様ばい。
B級グルメ好きのたび丼としては、ボリューム満点のファストフードをテイクアウトして、海辺で食べるってのもオススメ!

そうそう!左上の写真のような看板、見たことなかと?
日本でも知られるバーガーキングにソックリばってん、オーストラリアではハングリージャックスっていうばい。
オージーたちにポピュラーなバーガー屋さん。たび丼のオススメはAusie Burger(オージーバーガー)
赤いカブのような野菜ビートルートが入ってるのがオーストラリアって感じの、どデカいバーガー!ビートルートが苦手な人は、定番のWhopper(ワッパー)を食べてみんやい!
ちなみに、イギリス英語を使うオーストラリアでは、テイクアウトする時はテイクアウェイ(Take away)と言いますばい。
(Photo wikimedia, avlxyz)

サーファーズ・パラダイスのベストシーズン


一年中温暖な天気に恵まれているゴールドコーストのサーファーズ・パラダイス。
ベストシーズンは、それぞれの楽しみ方に合わせて決まってくるといえるでしょう。
しいて言うなら4月から12月の間。南半球のオーストラリアでは、季節が日本と逆になります。

12月に真夏のゴールドコーストへ飛び、マリンスポーツを満喫するのもよし。
10月に行われる、街がサーキットとなるインディカーレースを見るのもよし。

夏の日差しはかなり強いので、サングラスや日焼け止めは必要です。
また冬の場合は、温暖な地といえど朝夜は冷えますので、上着は持っていきましょう。

(Photo By o b s k u r a, Paull Young)

エリア

オーストラリア クィーンズランド州

交通例

成田⇒ブリスベン【約8時間】⇒サーファーズ・パラダイス【車 / 約1.5時間】

言語

英語

通貨

オーストラリアドル

旅行代理店


H.I.S.の オーストラリアツアーを見てみる


JTBでゴールドコースト行きを見てみる!

合わせて持ちたい

旅の指さし会話帳 – オーストラリア
防水デジタルカメラ

この海外情報の周辺地図

大きな地図で見る