ビンタン島

インドネシア
Photo by yummiec00kies

(Photo by yummiec00kies)
リゾートに行きたいけど、定番のところはもう行きつくした、という方にオススメしたリゾート地。

ご紹介したいリゾート地はビンタン島。国としてはインドネシアですが、アクセスはシンガポールからのほうが効率的なのでシンガポール旅行で行く方が多い島です。

しかもシンガポールからはフェリーで1時間かからず着くので、都会的な旅はシンガポール、喧騒を離れてリラックスしたくなったら手軽にビンタン島へ、という方も多くいます。

リゾート好きが世界から集まるビンタン島は日本での知名度もここ最近グングン上昇しており、これから定番リゾート地となる筆頭の島です♪

大人も子供も楽しめるのが魅力!

ハロー!たびどんですたい!
主に大人が楽しむイメージの強いリゾート地だけど、小さい子でも楽しめるリゾート地がビンタン島たい!治安はシンガポールもビンタン島もよく、島全体がリゾート地としての色が濃いため、様々なケースに対応できるのが魅力っちゃんね。

シンガポールにはセントーサ島っていうリゾートもあるけど、人気度的にはビンタン島の方が人気。

シュノーケリングやダイビング、パラセーリングなどのマリンアクティビティ、人の少ない静かな穴場ビーチ、プール遊びやゾウに乗って浜辺を周遊するエレファントライド、ゴルフコースやマングローブジャングルクルーズなどなど、リゾート地でできるアクティビティが全部詰まってる上にリゾートホテルやスパ、グルメも充実していてリラックスも出来ちゃう島たいね!

さらに魅力なのはシンガポールに戻れば都会的な楽しみも出来る点、シンガポールよりも物価が安い点も嬉しいたいね!船で1時間前後と好アクセスなので計画が立てやすいのも人気の理由になってるばい!たびどん的には最低でも1泊するのがオススメ。日帰りじゃ遊びきれんばい~!

デメリット・・というか注意点

何かなら何まで最高の条件に思えるビンタン島だけど、いくつか特別な注意点もあるばい。

ビンタン島はインドネシア、フェリーで1時間で行けるのはシンガポール。そう、他国に行くから出国手続き、入国手続きがあるばい。持ち込むお酒やたばこも制限があるっちゃんね。

通貨ももちろん別で、シンガポールはシンガポールドル、ビンタン島はインドネシアルピアたい。そしてよくトラブルになる点として、時差があるばい。ビンタン島とシンガポールはフェリーでたった1時間だけど時差が1時間あるから、ビンタン島からシンガポールに帰ると1時間進んでるばい。

飛行機や送迎など、時間指定があるツアーの場合は気を付けて行動しよう!ビンタン島はインドネシアとシンガポールが共同開発したリゾート地だけど、他国は他国、最低限必要な事がある事を念頭に入れてスケジュールを組んで欲しいっちゃんね!

注意点をまとめると

  • 他国なので行き来するのに出入国審査やパスポートなどが必要
  • 持ち運べる物等に制限があるので土産物に注意
  • 通貨が異なる
  • 時差がある
  • ほとんどがイスラム教徒

以上の点に注意した上で楽しみましょう

シンガポールの宗教割合はばらつきがあり、一番多い仏教徒でも30%ほど、イスラム教徒は15%ほどですが、ビンタン島は80%以上がイスラム教徒です

ビンタン島へのアクセス

ビンタン島へのアクセスは非常に簡単です。チャンギ国際空港からタクシーで10分でタラメナフェリーターミナルに到着。

タラメナフェリーから約1時間でビンタン島に到着します。

このフェリー乗り場は国際便となるので荷物の預け入れやチェックイン、出国審査が必要となります。

ですので、実質はもう少しかかりますが非常に少ない移動時間で超都会的なシンガポールから大自然が多く残るリゾート地へ行く事が出来ます

シンガポールでは都会的な楽しみを、少しだけ足を伸ばせばビンタン島で南国リゾートを満喫できる。好みに合わせて楽しんでください!

エリア

インドネシア ビンタン島

交通例

成田⇒シンガポール(チャンギ国際空港)⇒タラメナ(車10分)⇒ビンタン島(フェリー1時間)

言語

インドネシア語 英語

通貨

インドネシアルピア

旅行代理店

合わせて持ちたい


この海外情報の周辺地図

タイトルとURLをコピーしました