ソチミルコ (メキシコシティ)

スポンサーリンク


(Photo By Avodrocc)

メキシコの首都・メキシコシティにあるソチミルコは、独特な雰囲気が漂う世界的な名所です。

「花の野の土地」を意味するこの地は、メキシコシティ中心部から南へ約30km。その名のごとく、美しい草木や花々が運河を囲う小さな島々で、アステカ以来の伝統を色濃く残しています。

その景観や文化から世界遺産にも登録。また、映画『マリア・カンデラリア』(1940/メキシコ)など、数々の映画の舞台にもなっています。

ソチミルコのトラヒネラを動画でチェック↓

YouTube

トラヒネラに乗ってのんびり遊覧


メキシコ市南部の水郷地帯ソチミルコには、トラヒネラと呼ばれる小舟が運河を行き交い、観光客を乗せて楽しませてくれます。

花飾りをあしらった色鮮やかな小舟には、テーブルセットが備え付けられ、飲食しながらのどかな風景を眺めることができます。楽団(マリアッチ)を乗せた船や食べ物や雑貨、花などを売る屋台舟なども行き交い、陽気なメキシコ情緒たっぷり。

都会の喧騒を離れて、のんびりとしたひと時を過ごせるでしょう。
(※画像はクリックで拡大します。Photo By cordelia_perse)

■トラヒネラの料金

オラ(Hola)!たびどんですたい。トラヒネラ、カラフルでカワイイお船ったいね~。さてさて、その料金は約3000円程度。一艘あたりの値段けん、大勢で乗る方がお得ばい。一人で乗るのも優雅ばってん、リーズナブルに済ませたいときはグループで来たり、周囲の観光客と相乗りしよう。
(Photo By gonzalovalenzuela)

■アステカの生きた遺跡

こんにちは、たびっこです!現在では観光や休日を楽しむ人で賑わうトラヒネラだけど、昔の人たちにとっては重要な交通手段だったんだって。14世紀から約200年続いたアステカ時代メキシコシティ一帯は雄大な湖に浮かぶ都市だったの。でもスペイン征服後に町は破壊され、湖は埋め立てられてしまったんだ。ソチミルコの水路は唯一、そんな水上都市だった当時の面影を残す貴重な場所なんだね。
さらに、アステカ文明の独創的な農耕法を今も受け継いでいて、ソチミルコは「アステカの生きた遺跡」と呼ばれているよ。
(※画像はクリックで拡大します。Photo By travelinknu)

エリア

メキシコ

交通例

成田⇒メキシコシティ(約14時間)⇒ソチミルコ(車で約1時間)

言語

スペイン語

通貨

ペソ

旅行代理店

合わせて持ちたい

Canon一眼レフ ダブルズームキット

男と女のスペイン語会話術

この海外情報の周辺地図

大きな地図で見る

タイトルとURLをコピーしました